ブログトップ

奈良宗教者九条の会

nara9jou.exblog.jp

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「奈良宗教者九条の会」申し合わせ

1、 この会の名称を「奈良宗教者九条の会」とする。
2、 会の目的
(1) 日本国憲法第九条の改定に反対する。
(2) 奈良の宗教者の間で「九条の会」アピールへの賛同を広げる
(3) 憲法九条を守るための運動を広げていく。
3、 会の構成
(1) 会は、日本国憲法第九条の改定に反対する奈良の宗教者と宗教に共感をもつ者によって構成される。
(2) 会は、呼びかけ人・賛同者の中から、世話人を置き、世話人会が会活動を運営する。
(3) 会は、世話人会の中に事務担当世話人を置き日常的事務は世話人会のもとで事務担当世話人がこれを行う。
(4) ●事務局は、奈良市西之阪36 浄土真宗本願寺派 明光寺に置く。  
   ●連絡先は 奈良市般若寺町221 真言律宗 般若寺とする。 
4、 会の財政は、個人の賛同募金・寄付金によってこれをまかなう。会の会計は、事務局がこれを管理・運用する。
 

2006年5月20日         奈良宗教者九条の会
[PR]
by 9nara | 2006-05-20 13:20

結成総会

当日いただいたメッセージの紹介。

奈良宗教者九条の会発足に際して

 皆様方の恒久平和実現に向けた取り組みに敬意を表します。
宗派を超えた宗教者が集い、過去を深く反省し、再び同じ過ちを起こさないために「平和」を宗教者共通のスローガンとして、互いに高く掲げて乗り組みを邁進いたしましょう。
2006年5月20日
浄土真宗本願寺派奈良教区基幹運動推進委員会
会長  北 浦  思 朗


発足総会にむけてのメッセージ

「奈良宗教者九条の会」の設立総会に際し、連帯のあいさつをお送りいたします。
 2004年6月10日に結成された「九条の会」は、東京での発足記念講演会を出発点として北海道から沖縄まで全国9カ所で講演会を開催し、発足2年目を迎えた05年7月30日に開いた東京・有明講演会には真夏の炎天下、9500人の方々においでいただき、「九条の会」への大きな期待を改めて実感しました。 その後も新潟、名古屋、熊本、そして埼玉と、多くの方々の改憲を許さない思いが結集する講演会を開催してまいりました。
 しかし、その間、与党や財界が連動するように9条改悪を中心とした改憲の動きを強め昨年11月22日には、自民党はその結党50周年を期して「新憲法草案」を正式発表しました。そして通常国会では、国民投票法案の提出が窺われていて、予断を許さない状況です。まさに憲法をめぐる正念場が到来しつつあるといっていいでしょう。
「九条の会」アピールの意義は、ますます強まっています。現在、このアピールを支持する地域、分野別の「会」は全国で4700を数えるに至りました。「九条の会」発足丸2年となる6月10日には、「分野別・地域別の九条の会」が一堂に会し、これまでの活動と今後の展望を語り合う場として、全国交流集会を開催します。
「奈良宗教者九条の会jが全国で繰り広げられている運動の一員に加わられることを心から歓迎するとともに、皆さまの試みが日本の平和を守りぬく力となって生かされることを願ってやみません毒 それぞれの教義に従いつつ協同して9条を守ろうと立ち上がられた皆さまのお一人おひとりが自らの言葉で語りかけ、思いを共有し、アピールへの賛同を広げることが、いま切実に求められています。
 「九条の会」が文字通り思想信条や政治的立場の違いを超えて、広範なネットワークとして成功し、いままで一度も経験したことのないような幅広い、大きな運動を実現するため、ともにがんばりましょう。
2006年5月20日              
九条の会事務局
[PR]
by 9nara | 2006-05-20 13:17 | ■行事

結成総会

2006年5月20日
第一部
発足総会
県下各地の約50人が参加し発足総会が開かれました。
総会では「宗教に共感をもつ者」によって構成して一般の人も参加できるようにすることを盛り込んだ申し合わせと「日本国憲法第九条は、命を尊び、1人ひとりの安らかな生活を説く宗教者の悲願」としたアピールとともに確認しました。
f0068087_1304573.jpg


第二部
記念講演
本山修験宗宗務総長の宮城泰年師が「憲法9条と周辺問題」と題して記念講演。
f0068087_134164.jpg

[PR]
by 9nara | 2006-05-20 12:57 | ■行事

呼びかけ人追加

佐藤哲雄 曹洞宗興大寺住職
玉井猛史 浄土真宗本願寺派蓮成寺住職
高畑公信 高野山真言宗生蓮寺住職
岩井恵照 高野山真言宗住職
高倉昌治 天理教信者

ご賛同いただき呼びかけ人に追加させていただきました。

奈良宗教者九条の会呼びかけ人
             (5月15日現在)

                      
石川 欣也 (浄土真宗本願寺派善正寺住職)
池田 彰心 (浄土真宗本願寺派正行寺住職)
岩井 恵照 (高野山真言宗光明院住職)
植田 義弘 (天理教)                     
上原しのぶ (日本基督教団会員)               
上原 建也  (日本基督教団会員)               
大野 玄妙  (法隆寺管長)
小倉 雅昭 (浄土真宗本願寺派住職)             
大須賀登美子 (天理教教会長)
久堀 勝敏  (浄土真宗本願寺派光雲寺前住職)
工藤 良任 (真言律宗般若寺住職)             
栗原 宏介 (日本基督教団奈良教会伝道師)
桑山 大祐 (浄土真宗本願寺派僧侶・社会福祉法人「こぶしの会」理事長)
古賀 久幸 (聖公会奈良教会司祭)
香井 宏二  (浄土真宗本願寺大西寺住職)
小柴 正巳 (日本基督教団会員・元私立高校校長)    
佐伯 快勝 (真言律宗総本山西大寺宗務長)
佐々木泰麿 (浄土真宗本願寺派浄照寺前住職)
ジョン・ウオルシュ(マルスト会カトリック修道会会員)
関 俊道 (黄檗宗光雲寺閑栖)
佐藤 哲雄 (曹洞宗興大寺住職)
清水  貢 (元天理高校野球部監督)             
杉本 憲昭 (奈良宗平協理事)                 
高倉 昌治 (天理教)
高見 敏雄 (日本基督教団馬見労祷教会牧師)         
田辺 実 (奈良宗平協理事)                 
高畑 公信 (高野山真言宗西光寺住職)
玉井 祥文 (浄土真宗本願寺派僧侶)
玉井 猛史 (浄土真宗本願寺派蓮成寺住職
當麻 秀圓 (真宗大谷派正行寺前住職)
高松 眞澄 (浄土真宗本願寺派長楽寺前住職)
寺内 公明 (浄土真宗本願寺派住職)
中田 聖観. (華厳宗新薬師寺住職)
長松 至英 (浄土真宗本願寺派正覚寺住職)
法沢 恵造 (西照寺住職)
三浦 恒久 (聖公会八木教会牧師)
宮崎 快堯 (真言律宗白毫寺住職)               
平野 和久 (曹洞宗東明寺住職)
藤井 聖仁 (浄土真宗本願寺派明光寺住職)        
藤田 彰史 (浄土真宗本願寺派西蓮寺住職
古山 款夫 (浄土真宗本願寺派浄教寺住職)
山内 宥厳 (東光寺住職)
矢野 和久 (浄土真宗本願寺派東明寺住職)
吉川 清明 (浄土真宗本願寺派僧侶)           
吉水 成弘 (浄土宗西福寺住職)
吉本 眞澄 (浄土真宗本願寺派善行寺住職) 
[PR]
by 9nara | 2006-05-16 10:21 | ■よびかけ

奈良宗教者九条の会発足にあたりー宗教者が語る憲法九条ー

憲法9条は仏のおしえ  工藤良任(真言律宗般若寺住職)
 私は奈良の古い伝統を受け継ぐ寺の住職です。宗派は真言律宗といいます。 宇宙の生命の調和を説く真言密教と鑑真和上以来の戒律を重んじる律宗、両方の教義を大切にしています。ことに戒は仏教の開祖、釈迦如来の教えに忠実であることを仏弟子の証としています。なかでも第一の重戒は「不殺生」です。 お経には「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」「闘戦の具を備えることなかれ」と非暴力、平和主義を強調して、命の尊重が幸せの根本であると教えています。私は仏弟子として仏の平和の教えを守り、人類の幸福実現につとめることが仏道修行だと信じています。
 しかるに今、政治の世界で平和を危うくする改憲の動きがあります。憲法第9条は日本国が過去に犯した大きな罪、数千万人の人命を奪った戦争の過ちを二度と繰り返さぬために、敗戦後世界に向かって公約した不戦の誓いです。私は、「戦争の放棄、戦力を保持せず交戦権を認めない」ことを宣言した現憲法は平和のいしずえ、人類の普遍的原理であり、宗教的真理にかなうものと確信しています。
 宗教を持つ人も待たない人も、戦争をする国づくり反対の声を上げましょう。


平和のために宗教者は憲法九条を守る  桑山大祐(浄土本願寺派僧侶) 
地震・雷・親爺ということがあります。でも、戦争の恐ろしさ、悲惨さはとてもそれどころではありません。私は中学(旧制)時代に学徒動員で名古屋の軍需工場で働いていましたが、B29の爆撃をうけて、大勢の労働者とともに同級生5人を亡くしました。
 広島、長崎、沖縄はもちろん東京も大阪も神戸もほんとうにひどい状態で人の命が奪われました。いや、中国や東南アジアの人々はもっとひどいことが大量に日本軍によって行われたのです。
 それから、61年、私の子どもや孫たちは戦争を知らずに元気に働き、明るく勉強をしています。ほんに、平和ほどありがたいことはありません。これはまさに憲法9条のおかげです。憲法9条が私たちを守ってくれているのです。
 小泉首相は日米安保条約によってアメリカが日本を守ってくれていると言います。とんだもありません。憲法9条が日本を守ってくれているのです。アメリカは日本に憲法9条をかえろと言っています。9条をかえて、アメリカといっしょに戦争をする国になれと言うのです。5月1日には日本の民間憲法臨調なるものが9条二項を削除せよと言い出しました。
 私たちは何としてもこの大切な憲法九条を守らなくてはなりません。日本の平和のために、世界の平和にために。


平和への祈りが込められている  高見敏雄(日本基督教団牧師)
日本国憲法前文の一節、「再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に在することを宣言し、この憲法を確定する」に大きな感銘を憶える。そして第2章「戦争放棄」第九条「戦争と武力の行使は・・・・放棄する、戦力は保持しない」これらの文言には戦争を反省し、平和への祈りが込められているように思う。
 戦争とは人の命を奪うものであり、兵士は人殺しとなるのである。
 文部科学省は「心のノート」を配布し、戦争のできる国への愛国心を育てようとしている。そして教育基本法の改訂。イラク特措法によう自衛隊の派遣。日本おける米軍再編の終了。次は憲法九条の改定。
 私達、宗教者は人の命を大切にしたいと願う。今の時代に住む子どもたちを国家の命令で「人殺し」にはしたくありません。
 日本の宝、世界の宝、憲法九条を守り抜きたいと祈り願うものである


教祖の教えにもとずき  清水 貢(天理平和の会)
 おやさま(教祖)の教えが、「世界一れつきょうだい」「男松女松のへだてなく」「むほんの根を切ろう」であったため、天皇絶対の大日本帝国憲法の下で、明治時代には、男女混在、医薬妨害、寄付強制の淫祠邪教と決めつけられ教義や祭典の変更を命じられたのです。また、昭和の戦争時代には、原典の教祖直筆の「おふでさき」や「おさしづ」の焼却処分を命じられ、心ならずも戦争に協力させられた痛苦の経験があります。
 この反省にたって、一昨年教会長や布教所長、多くの用木(ようぼく=信者)によって「天理教平和の会」が誕生しました。
 世界平和の至法 、日本国憲法が変えられようとする今、教祖の教えにもとずき、この平和の憲法を守りぬくため、「天理平和の会」は教内の信者に広く呼びかけ、また他の宗派の間に垣根をつくらず、互いに助け合って平和な明日を続けるために手をたずさえます。
[PR]
by 9nara | 2006-05-11 15:41

記者会見

宗派超え「改憲反対」
宗教者九条の会20日設立

 憲法9条の改憲に反対する県内の宗派・教団の宗教者80人が呼びかけ、「奈良宗教者九条の会」を結成する。20日午後1時半から、奈良市登大路町の県中小企業会館で、設立総会を開く。
 04年に作家の井上ひさしさんら著名人9人が出した「九条の会」アピールをきっかけに、県内の宗教者で準備会を作り、賛同を求めてきた。仏教、キリスト経、天理教など、それぞれの教義・精神に従って、
憲法9条を守る世論を広げるのが目的。大野玄妙・法隆寺管長や佐伯快勝・西大寺宗務長らが呼びかけ人となり、代表世話人には工藤良任・般若寺住職▽桑山大祐・浄土真宗本願寺派僧侶、社福法人こぶしの会理事長▽高見敏雄・日本基督教団西大和教会牧師▽清水貢・元天理高野球部監督が就任予定。
 設立総会に続いて、宗教者の全国組織「宗教者九条の和」呼びかけ人の宮城泰年・本山修験宗宗務総長(京都市、聖護院門跡)が、「憲法九条と周辺問題」と題し記念講演する。参加自由、無料。【松本博子】

以上
毎日新聞 2006年5月10日付け奈良版で報道されました。
[PR]
by 9nara | 2006-05-11 15:39 | ■行事

呼びかけ人追加

香井宏二  浄土真宗本願寺派大西寺住職
高松眞澄  浄土真宗本願寺派長楽寺前住職
寺内公明  浄土真宗本願寺派円乗寺住職

ご賛同いただき呼びかけ人に追加させていただきました。

06/5/11 現在の呼びかけ人は下記の方々です。
石川 欣也 (浄土真宗本願寺派善正寺住職)
池田 彰心 (浄土真宗本願寺派正行寺住職)
植田 義弘 (天理教)
上原 しのぶ  (日本基督教団会員)
上原 建也   (日本基督教団会員)
小倉 雅昭 (浄土真宗本願寺派住職) 
大須賀登美子 (天理教教会長)
大野玄妙     (法隆寺管長)
久堀 勝敏  (浄土真宗本願寺派光雲寺前住職)
工藤 良任 (真言律宗般若寺住職)
栗原 宏介 (日本基督教団奈良教会伝道師)
桑山 大祐 (浄土真宗本願寺派僧侶)
香井宏二  (浄土真宗本願寺派大西寺住職)
古賀 久幸 (聖公会奈良教会司祭)
小柴 正巳 (日本基督教団会員・元私立高校校長)
佐伯快勝     (真言律宗総本山西大寺宗務長)
佐々木泰麿    (浄土真宗本願寺派浄照寺前住職) 
ジョン・ウオルシュ(マルスト会カトリック修道会会員)
関 俊道 (黄檗宗光雲寺閑栖)
清水 貢 (元天理高校野球部監督)
杉本 憲昭 (奈良宗平協理事)
高松眞澄 (浄土真宗本願寺派長楽寺前住職)
高見 敏雄 (日本基督教団西大和教会牧師)
田辺 実 (奈良宗平協理事)
玉井 祥文 (浄土真宗本願寺派僧侶)
寺内公明 (浄土真宗本願寺派円乗寺住職)
當麻 秀圓 (真宗大谷派正行寺前住職)
中田 聖観  (華厳宗新薬師寺住職)
長松 至英 (浄土真宗本願寺派正覚寺住職)
法沢 恵造  (単立・西照寺住職)
三浦 恒久 (聖公会八木教会牧師)
宮崎 快堯  (真言律宗白毫寺住職)
平野 和久 (曹洞宗東明寺住職)
藤井 聖仁 (浄土真宗本願寺派明光寺住職)
藤田 彰史 (浄土真宗本願寺派西蓮寺住職)
古山 款夫 (浄土真宗本願寺派浄教寺住職)
山内 宥厳  (東光寺住職)
吉川 清明 (浄土真宗本願寺派僧侶)
吉水 成弘  (浄土宗西福寺住職)
吉本 眞澄 (浄土真宗本願寺派善行寺住職)
[PR]
by 9nara | 2006-05-11 15:36 | ■よびかけ